乳児の便秘〜原因と解消方法〜

乳幼児の便秘、根本解決は病院ではなく自宅が基本

乳幼児の便秘はとても可哀想ですよね。便の回数は一人ひとり体質や食べる量
によっても違うので、一概に何日間出ないから便秘、と判断することはできま
せんが、排便する時にとても力を入れても固い便が少々しか出なかったり、排
便のたびに切れて出血するような場合には間違いなく病院へ行って処方された
薬を服用したほうが良いでしょう。

 

但し便秘の場合、病院で薬をもらった時だけはなんとか解消するものの、薬を
止めるとすぐまた同じような症状に戻ってしまう場合もあります。
病院で処方される薬は腸内に停滞した便を排泄するためのものであり、便秘そ
のものを治す薬ではありませんので、主治医からもらったアドバイスなどを聞
きながら、根本的には食生活で改善していくしか方法はないのです。
便秘は体質で癖になってしまう乳幼児もいますので、なんとか根本的な改善に
取り組みたいものです。
母乳は乳幼児にとって最良の栄養とよく言われますが、一般的に母乳栄養を十
分に摂っている乳幼児は便秘になりにくいと言われています。
母乳にはオリゴ糖が含まれており、乳幼児の腸内へ届いてビフィズス菌などの
善玉菌を増やし、自然な排泄を促してくれる環境そのものを整えてくれます。

 

但し、母体が偏った食事をしていたりすると必要な成分が足りない場合もあり
母乳にオリゴ糖を加えるなどの工夫も必要です。

 

また、母乳はミルクと違って飲んだ量がわかりにくいため、量そのものが足り
ておらず水分が足りなくなっている場合もあります。

 

乳幼児の便秘の原因がどこにあるのか病院で相談しながら、母体も含めて解決
策を探る必要があるでしょう。

 

こちらも参考にどうぞ。

便秘?病気?乳幼児のお腹のリズムが心配ならオリゴ糖を試してみて

乳幼児の便秘は、一人ひとりのミルク摂取量や身体の発育度合いによっても違
うため大人の場合よりも判断が難しいものです。
毎日排便があっても量が少なかったり便自体の水分が少なく固い便が出る場合
には便秘が疑われますし、柔らかい便であっても極端に排便回数が少ない場合
も便秘の傾向が疑われます。

 

乳幼児は便秘の場合、すぐに腹部が膨張するため不快な症状を訴えやすく、機
嫌が悪くなり食欲が落ちます。場合によっては嘔吐したり、固い便を排出しよ
うとして出血したりする場合もあり、普段から様子を観察して悪化しないよう
に早めに対処することが大切です。

 

乳幼児に便秘の兆候が見られる場合は早めに主治医に相談するのが一番ですが
まず転ばぬ先の杖として乳幼児の腸内環境を整えてあげることも有効です。
また母乳の場合、母体が糖分や油分の多い食事を摂った時の影響で、乳幼児が
便秘になりやすい母乳が出る場合があります。
母子ともに普段から食生活に気を使うことが大切です。

 

母子共に体内環境を整えるのに適した食品にオリゴ糖があります。
オリゴ糖はもともと母乳にも多く含まれる成分ですが、特に乳幼児の腸内に届
いてビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、腸内環境を理想的に整えてくれま
す。ミルクや離乳食に混ぜるだけで便秘解消が見込めますので、うまく摂り入
れるのも良いでしょう。

 

但し、オリゴ糖は含有量が100%に近い高純度のものを選ぶようにしましょう。
一般的に市販されている液状のものは30%程度の純度しかありませんので、便
秘解消という面ではあまり効果は望めません。
ネットなどで専門に販売されている高品質のものであれば問題ないでしょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る