乳幼児 便秘に効く食材

乳幼児に食べさせてあげたい便秘に効く食材とは?

赤ちゃんは生後5ヶ月から6ヶ月で離乳食になりますね。
この時に便秘を引き起こすケースがとても多いのです。
それまで母乳やミルクだったところを急に固形物の消化吸収が始まるわけです
から、赤ちゃんのほうの身体もそれに対応するために毎日変化しています。
この時に自然な消化・吸収・排泄のリズムの基礎を作り上げるのが、とても大
切な離乳期のプロセスのひとつになります。

 

まず、赤ちゃんが便秘を起こさないための食品選びから見て行きましょう。

 

小児科の選ぶ便秘にいい食材は、果汁、玄米、さつまいも、ごぼう、海藻類、
バナナ、きのこ類、ドライフルーツ、ヨーグルトなどです。
中には、「え?赤ちゃんにこの食材?」と思うものもありますが、どれも食物
繊維や糖類がとても豊富で、腸内で便を増やしたり、便を柔らかくして排泄し
やすくしたりする働きがあり、とても有効な食品ばかりです。
但し、当然赤ちゃんの消化吸収器官はまだまだ未熟ですので、細かく加工した
り形がなくなるほどよく煮込んだりする必要があります。
玄米などは大人にとっても健康食品として人気が上がってきていますが、かな
り柔らかくしないと消化に悪いですよね。
ドライフルーツなども細かく刻んでヨーグルトに入れるなど、加工には一工夫
が必要です。

 

そしてもう一工夫として、離乳食に品質のよいオリゴ糖を混ぜることをお勧め
します。
オリゴ糖は母乳に多く含まれ、赤ちゃんの腸内で善玉菌の餌となり、ビフィズ
ス菌などを増やしてくれるとても良い働きを持っています。
純度の高いオリゴ糖であればスプーン1杯混ぜるだけで手軽に腸内にとって理
想的な食事になりますので、是非試してみて下さい。


このページの先頭へ戻る