乳幼児の嘔吐は便秘が原因

乳幼児の嘔吐、それは便秘が原因かも!

乳幼児は便秘でお腹が苦しくてもお母さんに言葉で伝えることはできません。
例え毎日排便があったとしても、出てくる便が固くなっていたり量が少なかっ
たりする場合は便秘の傾向があるかもしれませんので、出来るだけ普段から観
察して、早めに便秘に気付いてあげましょう。

 

乳幼児の機嫌が悪いまま原因がわからず便秘が悪化してしまうと、お腹に便が
溜まって気持ちが悪くなり、突然嘔吐してしまう場合があります。
何か大きな病気かと大変びっくりすると思いますが、病院に駆け込むと便秘が
原因ということもよくあります。
但し、嘔吐までするのは便秘がかなり悪化している証拠です。
普段から食欲がちゃんとあるか、お腹を触った時に硬く張っていないかどうか
など、早めに気付いてあげて対処することが大切ですね。

 

病院では、母乳やミルクの量をチェックしたり、乳幼児のおしりの周りの健康
状態をチェックしたりします。
特に母乳はミルクのように飲んだ量がわからないので、何らかの原因で母乳の
出が減っていてもお母さんが気付いていない場合があります。
また、お母さんの体調によってはオリゴ糖などの母乳に必要な成分が足りなく
なっている場合もありますので、乳幼児の体重増加量などと合わせてアドバイ
スを受けましょう。

 

乳幼児の便秘は長期化したり習慣化してしまうと、とてもやっかいです。
薬などの医療手段で時間をかけて治療しなくてはいけなくなる前に、なんとか
自宅で解決するためにあらゆる努力をしたいですね。


このページの先頭へ戻る